そもそもワセリンってなに?
どんな種類があるの?

季節の変わり目は、肌のトラブルや乾燥が気になりがち…。
そんな時のお手入れに取り入れたいのが、保湿効果の高いワセリンです。
今回はワセリンの特徴や種類、その効果についてご紹介します。

ワセリンってどんなもの?

ワセリンとは、石油から得た炭化水素類を脱色、精製した保湿剤です。石油が原料になっていると聞くと、肌に悪いのでは…?と感じる方もいるかもしれませんが、石油自体がもともと天然由来の成分です。
ワセリンには、肌内部へ浸透する働きはありませんが、肌の表面をしっかりとコーティングするという特徴があります。そのため外側からの刺激を防ぐとともに、水分を皮膚の内部にとどめることで、うるおいを保つことができます。
日々のお手入れにはもちろん、乾燥肌や皮膚炎、傷ややけどの患部を保護する優秀な保湿剤として使用されています。

ワセリンには種類がある!

一言で“ワセリン”と言っても、純度の違いによって、黄色ワセリン、白色ワセリン、白色ワセリンソフトなど種類が分かれていることをご存知でしょうか。
もともとワセリンの中には、石油由来の不純物(芳香族含有化合物、硫黄化合物など)が含まれており、精製の度合いによってその含有量が変わります。基本的には、比較的精製度が低いものが黄色ワセリンです。それをさらに精製して、できるだけ不純物を取り除いたものが白色ワセリン、さらに純度を高めたものがソフトタイプと呼ばれています。
ワセリンの中でも、比較的純度の高い白色ワセリンは、薬局などで手軽に購入できる保湿ケアアイテムとして人気です。一般的には純度が高くなるほど、ワセリンの色が白くなり、肌に対する刺激も少ないといわれています。

肌にやさしいベビーワセリン

大人の肌と違って赤ちゃんの肌は薄くて非常にデリケート。
摩擦や外的刺激によって、乾燥やかぶれを引き起こしやすいため、
一年中保湿ケアが欠かせません。そんな赤ちゃんの肌を守るために開発されたのが「ベビーワセリン」シリーズです。

「ベビーワセリン」の成分には、白色ワセリンが使われていますが、精製の段階で酸性液での処理を伴わない方法をとるため、従来の白色ワセリンと比べてより不純物が少なく、やわらかな使い心地。
また無香料、無着色、パラベン(防腐剤)フリーなので、赤ちゃんはもちろん、敏感肌の大人の方でも安心してお使いいただけます。

まとめ

顔と体の両方に使える優秀な保湿剤・ワセリン。これからワセリンを選ぶポイントとして、不純物や添加物が少ないものをチョイスすると肌にも負担が少なく、安心して使えそうですね。

唇にピュアな潤いを あたえるベビーワセリンリップを シェア&共有してね!
facebooktwitter